大人ニキビを解消する化粧水選びのポイント

大人ニキビの解消のためにニキビケア用の化粧水を使ってもなかなか治らないという経験はないでしょうか?また、一度治っても繰り返しニキビができるという悩みはないでしょうか?

そのような場合には、正しい大人ニキビのケアができていない可能性があります。 大人になってからのニキビは思春期のニキビと原因が違います。そのため、今までとは違ったケアが必要なのです。

大人ニキビの正しいケア方法を知り、自分の悩みに合ったニキビケア用の化粧水を選ぶことが大切です。今まで様々なアイテムを試したけど効果がなかったという方も、これまでと違った結果が実感できます。

大人ニキビを治すための化粧水の選び方

一般的にニキビの原因と言えば、毛穴の詰まりや皮脂の汚れと考えられています。しかし大人ニキビの場合は、もっと重大な原因があります。それは肌の乾燥です。さらに女性の場合は、ストレスや生理などによる女性ホルモンのバランスの乱れも関係してきます。

よくあるニキビケアの間違いは、洗浄力の強い洗顔石鹸などで皮脂を取り過ぎてしまうことです。皮脂は肌を守る働きがあるので、取り過ぎると逆に過剰分泌され、これが毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖し大人ニキビとなります。また、肌が乾燥した場合も同じように皮脂が分泌されます。意外に思うかもしれませんが、肌が皮脂でテカっている人は乾燥肌であることも多いんです。

大人ニキビの正しいケア方法は、
ニキビに有効な成分で炎症を静める
毛穴の汚れだけを取り除く
肌を十分に保湿する
女性の方は女性ホルモンのバランスを整える
これらのポイントを抑えたスキンケアをします。

大人ニキビを解消する化粧水 おすすめランキング

名前 価格 化粧水の特徴

ノブACアクティブ
トライアル
1,500円
臨床皮膚医学に基づき医師と共同で開発された医薬部外品。全国の皮膚科医も推奨するほど肌に優しく敏感肌でも安心。マイルドピーリング効果でニキビの三大原因(毛穴のつまり、皮脂の過剰分泌、アクネ菌の増殖)にアプローチ。贅沢に配合された各種ビタミンや保湿成分が肌のうるおいバランスを整え、大人ニキビの原因である肌の乾燥を防ぎます。ビタミンC誘導体を配合し、ニキビやニキビ跡のケアと同時に美白効果も期待できます。

ビーグレン
トライアル
1,800円
ニキビの原因となる外部刺激や乾燥から肌を守り、水分バランスの整った肌へと導きます。 世界特許の浸透技術でニキビの炎症抑制成分を角層の奥まで届け悪化を防ぎ、水分バランスの整った肌へと導きます。 特に高濃度のピュアビタミンCを配合した美容液Cセラムが優れた肌荒れ防止効果を発揮。
また、ニキビ跡にお悩みなら、ニキビ跡ケア専用セットがおすすめです。

オルビス クリア
トライアル
1,200円
生理前やストレスなどの女性周期が原因のニキビにおすすめの薬用化粧水。高保湿成分と紫根エキスが肌のバリア機能をアップ。天草エキス(有効成分グリチルリチン酸ジカリウム)の作用でニキビや肌荒れの炎症を鎮めます。ニキビの予防と解消を行いニキビゼロ肌に。

ルナメアAC
トライアル
1,000円
フジフィルム独自のナノ化技術により、有効成分アクネシューターがニキビの元に直接届きます。さらにハーバルモイストエキス配合で、乾燥しがちな肌を潤します。今までニキビ化粧品を使っても効果を感じなかったり、刺激が強くて肌が荒れてしまったという方に。大人ニキビのために作られ、肌に優しいので続けやすくなっています。

ラ・ミューテ
本商品
8,550円
初回半額
女性の大人ニキビの主な原因の1つは、ストレスや生理前(PMS)、産後など女性周期によるホルモンバランスの乱れ。そこに着目し作られた化粧水です。ダマスクローズ(バラの一種)を配合し、女性ホルモンのバランスを整えます。そして天然保湿成分と豊富なナノ保湿成分の作業で肌の水分バランスを正常化。ビタミンC誘導体を配合しているのでニキビ跡のケアにも◯。他の化粧品とは違いトライアルセットはありませんが、本商品(ビオリズム洗顔フォーム、エンリッチ化粧水、アドバンス保護美容液)が初回半額なのでじっくり試せます。使用者の感想は高評価です。

シーボディVC
トライアル
1,000円
大人ニキビの原因である皮脂の毛穴詰まりをケアし、できてしまったニキビ跡をケアするビタミンC誘導体を、圧倒的な浸透力のある超ビタミンC「VC200」として配合。さらに、ニキビの元になるアクネ菌を殺菌する薬用成分イソプロピルメチルフェノールや、炎症を抑える薬用成分グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)の作でニキビを防ぎます。ニキビ跡の凹凸や色素沈着にアプローチし、毛穴をひきしめ、ニキビを修復・予防します。
当サイトで申し込みの多い順に紹介しています。

大人ニキビ対策化粧水でノブ ACアクティブが人気の理由

皮膚科医が推奨する大人ニキビ化粧水

ノブ ACアクティブは、全国の皮膚科医も推奨するニキビケア用のスキンケア化粧品です。敏感肌でも使えるほど肌に優しくできていて、皮膚科医でも最後に頼るのがNOV ACアクティブなのです。スキンケアは毎日のことですから、肌に優しいものを使うのが大切です。
ノブはマイクロピーリング効果で毛穴の汚れをしっかり除去し、ニキビの原因を取り除きます。そしてヒアルロン酸、セラミド、リピジュアといった保湿成分でしっかりと潤いを与えます。肌が潤うとバリア機能が働き、敏感肌も良くなってきます。また、肌が潤うことで毛穴がふっくらし引き締まるので毛穴レスの美肌へ。
ニキビや吹き出物の炎症によりメラニンが生成されます。ニキビの後でシミやくすみが出来やすいのはこのためです。ノブはビタミンC誘導体を配合しているので、ニキビケアをと同時に美白の効果も期待できます
また、ビタミンCはニキビ跡のケアにも有効なので、赤いニキビ跡でお悩みの方にも最適です。

人気のNOV ACアクティブ 詳細はこちら!

原因別に選ぶ大人ニキビ化粧水

ストレス

近年ではライフスタイルが大幅に変化し、仕事やプライベートの悩みでストレスが続くとニキビになる方が増えています。

詳しい情報はコチラ

生理前

生理前になると体調不良、イライラ、ニキビができるなどのPMS(月経前症候群)が知られています。

詳しい情報はコチラ

産後

妊娠、出産などライフステージが変化するとそれに伴いホルモンバランスも変化し、ニキビや抜け毛の悩みが増えます。

詳しい情報はコチラ

悩み別に選ぶ大人ニキビ化粧水

ニキビ予防

一度ニキビが治っても繰り返しニキビが出来るという方は、根本的なケアができていない可能性があります。ニキビができにくい肌へと導くケアをします。

詳しい情報はコチラ

赤いニキビ跡

赤いニキビやニキビ跡は、ある程度ニキビが進行して炎症を起こしている状態です。炎症を抑え、肌を落ち着かせるようなケアが必要です。

詳しい情報はコチラ

炎症性色素沈着

ニキビの炎症によりメラニンが生成されシミが出来ます。これが炎症性色素沈着で、ニキビケアと同時に美白やピーリング等のケアが必要です。

詳しい情報はコチラ

大人ニキビ対策化粧水 体験レビュー

大人ニキビと思春期の原因の違い

思春期ニキビと大人になってからのニキビでは発生する原因が違います。原因が違えば改善するための対処方法も違ってきます。思春期には成長ホルモンが分泌され、その影響で皮脂腺から皮脂が分泌されます。この皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌の餌(えさ)となることで繁殖しニキビができます。成長ホルモンを止めることはできないので、洗顔で皮脂を取り除きニキビを予防します。

大人ニキビの場合も皮脂が原因になるのは同じですが、その皮脂が分泌される原因が違います。大人になってからは肌の乾燥やホルモンバランスの乱れがなどが原因で皮脂が過剰に分泌されます。そのため大人ニキビの改善のためには洗顔後に保湿をすることや、ホルモンバランスを整えるケアが必要になります。原因が違えば使用するニキビ化粧品も異なりますし、ニキビ予防やニキビ跡等の悩みによっても変わってきます。

ニキビの種類と状態

ニキビは進行の段階によって白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと分けられます。ニキビが出来たばかりのときは白くて小さいポツッとした状態ですが、これを白ニキビと言います。白ニキビは毛穴が皮脂が詰まって塞がれた状態です。

白ニキビを放置したり上手くケアができないと、皮脂が押し上げられてきて毛穴が開いてきます。すると皮脂が酸化され黒くなってくるのですが、これを黒ニキビと言います。

さらにアクネ菌が増殖してくると、炎症を起こしニキビが赤くなってきます。この状態を赤ニキビと呼びます。赤ニキビまで悪化すると色素沈着を起こしニキビ跡になったり、シミになる可能性もあります。

赤ニキビよりもさらに炎症が悪化すると膿をもってきて黄色くなります。これを黄ニキビと呼びます。黄ニキビは凸凹のあるニキビ跡になってしまう可能性もあるので、膿んで黄ニキビとなる前にケアすることが大切です。

「大人ニキビにおすすめの化粧水【化粧品ランキング】」について

今まではニキビと言えば、思春期のニキビというイメージが一般的でした。最近になってやっと大人ニキビという言葉が普及してきた感じですね。大人になってからニキビケアのために、思春期のころと同じ様なケアをしていた方も多いのではないでしょうか?例えば、中学生や高校生くらいの人が使うクレアラシルなどのケアアイテムでお手入れをするなど。大人ニキビの原因には肌の乾燥が大きく関係しているので、これではうまくいくはずがありません。肌が乾燥していると、どんなに良い成分を使っても役立たなくなるというデメリットもあります。潤いのある健康的な肌というのは美肌の基本です。肌が水分を保持できるようにしましょう。新しいニキビケアのアイテムを試すときは、トライアルセットやお試しセットなどをパッチテストのつもりで使ってみるのも良いと思います。無料お試しなどがあると更によいですね。

ニキビケアといっても様々なケースが考えられます。積極的な攻めのニキビケア、守りのニキビケア、隠すニキビケアなどです。攻めのニキビケアというのは、出来てしまったニキビや吹き出物をなくすものです。守りのお手入れというのは、新しくニキビや肌荒れが出来ないように予防するものです。隠すケアは、赤くなったニキビが目立たないように化粧(BBクリームやコンシーラーなど)で隠すものです。オーガニックのコスメなら肌にも優しいので使い勝手が良いですし、いろいろ改良されたものが登場しています。

ニキビが出来るて気になる体の部分と言えば一番は顔ですよね。顔の中でニキビや吹き出物が出来やすい場所は顎(あご)や額(おでこ)、頬、小鼻の横、鼻の頭、鼻下、口周り、フェイスラインなどです。思春期ニキビと大人ニキビでは出来る場所に違いがあります。思春期にはTゾーンに皮脂が分泌しやすいのでTゾーンにニキビができやすいです。大人ニキビはUゾーン(フェイスラインや顎)に出来やすいという特徴があります。皮脂が分泌しやすい部分の毛穴が詰まり、皮膚が炎症を起こすからです。 顔以外では胸、胸元、デコルテ、背中、お尻(ヒップ)などに比較的ニキビが出来やすいですね。髪を洗った後にシャワーでしっかりとシャンプーを流さないと背中の皮膚にシャンプーが残ってしまいニキビができやすくなると言われています。

ニキビケア用のアイテムを選ぶときは、口コミの評判を参考にすることも多いと思います。しかし、肌質(乾燥肌、敏感肌、脂性乾燥肌、脂症、混合肌)や女性ホルモンのバランスの傾向などは個人差が大きいものです。ですから、クチコミの評価を見るときは、自分と同じ様は肌質であったりホルモンバランスの人の意見をチェックするのが良いです。お肌の弱い方はアルコールが入っていないアルコールフリーのもの、パラベンの入っていないパラベンフリーのものが良いかもしれません。同じコスメでも使用方法によって効果の感じ方が変わってくることもあります。商品によってはコットンを使うのか手でなじませたりパッティングさせるのか等の違いがあります。説明書やパッケージに書いてある正しい使用方法を守ってお手入れしましょう。

脂性の方はニキビになりやすいイメージがあるのではないでしょうか。しかし、乾燥肌の方もニキビができやすいのです。肌が乾燥すると肌を守るために皮脂が分泌されます。ですから脂症の原因が肌の乾燥であることも多いのです。皮膚の表面は油でギトギトしているようでも、肌の内側はカラカラに乾燥しているということもあります。

ニキビの原因は様々です。例えば、コメド、ストレス、肌の乾燥、女性ホルモンのバランスの乱れ、皮脂の異常分泌(過剰分泌)、肌荒れ、紫外線など実に多岐にわたります。 日焼けをするとニキビができやすくなると言われています。紫外線により活性酸素が発生し、肌がダメージを受けているからです。ですからニキビ予防の観点からもUVケアは重要です。最近では肌に優しいオーガニックのUVも登場しているのでおすすめです。

ニキビができる原因の1つはコメドです。コメドは面皰(めんぽう)とも呼ばれ、毛穴につまった角栓のことです。このコメドはアクネ菌の餌となります。コメドをエサとしてアクネ菌が繁殖し、肌が炎症を起こすことでニキビとなります。

アクネケアという言葉を聞いたことがあると思います。ニキビの直接の原因はニキビ菌と呼ばれるアクネ菌です。毛穴につまった皮脂汚れがアクネ菌の餌となり、アクネ菌が繁殖することでニキビとなります。毛穴の皮脂汚れをキレイにするのは、アクネ菌が増殖しないようにアクネコントロールするためです。

若い人の間ではニキビケアと言えばプロアクティブがブームになっているようです。テレビCMでも若い人向けのニキビケア用品であるようなイメージがあります。プロアクティブの自動販売機もあります。化粧品やコスメでは珍しいですね。

花王キュレル(curel)は乾燥性敏感肌の悩みにキメ細かく応えるスキンケア化粧品です。肌の必須成分であるセラミドの働きを守り補います。肌荒れやカサつきを繰り返しがちな乾燥性敏感肌でお悩みの方に適しています。ジェルメイク落とし、泡洗顔料、化粧水、乳液、潤浸保湿 フェイスクリームによる毎日のスキンケアで、セラミドの働きを効果的に補い、バリア機能をサポートし、潤いに満ちた肌に保ちます。

オードムーゲ(EAUDE MUGE)薬用ローションは長い歴史のある拭き取り化粧水です。ニキビや肌荒れでお悩みの方に使われている商品です。抗炎症成分や殺菌成分を配合した医薬部外品となっています。洗顔後に使うことで、洗顔で落とせなかった皮脂や汚れを取り除きます。しかし、刺激が強いというクチコミもあるので肌の弱い方は注意しましょう。

ノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビが出来やすいような成分を使っていない化粧水や美容液のことです。例えば化粧品に含まれる油分などが、アクネ菌(ニキビの原因菌)のエサとなってニキビが出来てしまいます。ノンコメドジェニックでは、アクネ菌のエサになりにくい油分等を作って作られています。「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されているものもあります。 ノンコメドジェニックの化粧水はあくまでもニキビの原因となる成分を配合していないだけで、これを使ったからと言ってニキビが治るわけではありません。ノンオイルのものも同様で、オイルを配合していないという意味です。

ニキビを改善する方法としては化粧品を使って自分でケアする以外に、エステやクリニックでケアしてもらう方法もあります。ここで言うクリニックとは美容皮膚科や病院の皮膚科などの医療機関のことです。エステサロンは顔のニキビならフェイシャルエステで、背中などの体のニキビならボディエステになります。クリニックとエステの違いはどんなものでしょうか?クリニックでは専用の器具でニキビを潰したり、薬で今あるニキビの炎症を抑えたりする対処療法になります。対処療法なので、ニキビができる原因が取り除かれるわけではないので、再びニキビが出来ることも多いです。エステの方は保湿ケアなどをして肌質の改善をしてくれるのでニキビのできにくい肌へと導いてくれます。根本的なケアをして再びニキビが出来ないようにします。
ニキビ跡の改善のためにはクリニックのレーザー治療やフェイシャルエステでのピーリングやイオン導入などがあります。ニキビ跡の凹凸解消で人気のシーズラボではラジオ波を用いたケアを行っています。ラジオ波でアクネ菌を殺菌し赤みを抑えニキビを改善します。また、コラーゲンが活性化することで凹凸がなめらかになる効果が期待できるそうです。
ピーリングというのは薬剤を使い皮膚の角質層を剥がしてターンオーバーを促進する方法です。肌のターンオーバーが改善され、その作用でニキビの解消にも効果的です。ピーリングに使う薬剤としては、リンゴ酸などのフルーツ酸がよく使われています。酸と言うと刺激が強そうで肌に悪いのではないかというイメージがありますが、リンゴ酸等のフルーツ酸は刺激が弱い(低刺激)のものとして知られています。

2017
大人ニキビを解消するには、ニキビ化粧水選びがポイントとなります。大人ニキビの原因や悩みも様々あるので、原因や悩みに合わせてニキビ化粧水を選ぶことで、大人ニキビ解消の効果がより期待できるでしょう。本サイトでは、大人ニキビの原因・悩み別のおすすめランキングを紹介します。